KOJO High School 2020 SCHOOL GUIDE
12/24

学習・生活支援システム11スタディセンター生徒の「自学・自修・実践」のためにスタディセンター(図書室・自習室・グループ学習室)を設置しています。生徒は自らの目標や進路実現に向けて自主的に学習します。2SYSTEMICT教育2020年度入学生より全コースで1人1台のタブレットを用いた授業を行います。    (学習プラットホーム)を利用し日々の学習管理や進路学習に役立てます。また各種教育アプリを授業に導入し、効果的な授業実践に取り組みます。教室にはスクリーンも完備し、資料や映像を視聴するなど役立てています。タブレットを用いた能動的で主体的な授業を展開していきます。1SYSTEM0(ゼロ)校時、放課後講座、土曜日の講座1時間目が始まる前の時間、放課後の時間を使い講座を開講しています。選抜・特進コースでは生徒たちの進路に応じた講座を開講しています。また、特進コースでは国公立大学志望者対象の講座も開講しています。文理コースは土曜日に外部講師による進学講座を開講しています。SYSTEM4スタディサプリ大学受験に必要な情報を網羅した映像講座を取り入れています。VL(ビジュアルラーニング)教室には個人視聴ブースがあり、パソコンを利用し、放課後や土曜日、長期休暇にオンデマンドで繰り返し復習することができます。自宅にパソコンがなくても、1人1台利用できるタブレットで4万本以上の講座をいつでも視聴できます。また、講座の視聴だけでなく、大学入試問題も自由にダウンロードできます。3SYSTEM本校で実施しているカリキュラムでは、「知識・技能の確実な習得」「思考力、判断力、表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を重視しています。このような学力の育成のため、ICT教育・アクティブラーニング型授業をはじめとした授業で、生徒の学力・人間力を真に伸ばす教育に努めていきます。学習・生活支援システム ※2019年度実施例

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る