KOJO High School 2022 SCHOOL GUIDE
7/24

2020 年の緊急事態宣言下の休校期間中、在宅生徒に臨時時間割で授業配信を行い、自宅のパソコンや、iPad などで授業を受けられるように対応しました。以来、向上高校では、校内で教員、生徒、保護者にはマスクの着用とアルコール消毒の励行、授業においては、互いに向き合い互いの距離が近くなることを避け、ガイドラインに基づきペアワーク、グループワークを実施するなどのコロナの対応と、オンライン授業を含めたICT 活用を同時に進めています。このような時期だからこそ、向上高校では積極的にICT 活用を生徒へ働きかけ学力の向上へつなげる努力をしています。2020年度 向上高校のコロナ対応2020年3月13日3月休校中の課題や学習内容をClassi・MetaMoJiを通じて指示。2020年4月7日緊急事態宣言中の課題・学習内容の指示。以降随時Classi・MetaMoJiを通じて学習内容の指示、連絡を行う。2020年4月中旬~教職員の各種打ち合わせ・会議を随時Web上で行う。2020年4月28日YouTube Liveで3学年向け進路ガイダンスを行う。2020年5月7日~オンラインでのホームルームを開始する。2020年5月11日~遠隔授業開始・オンラインでの個別面談を開始する。向上高校 ICTのあゆみ2015年Classiを特進コースへ導入2016年教員用iPad・生徒用共有タブレット100台導入・校内Wi-Fi環境整備2017年全教室にスクリーン・プロジェクターを導入全コースでClassi導入2018年特進コース入学生にiPad貸与開始2020年全コース入学生にiPad貸与スタイルMetaMoJi ClassRoomリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を利用しています。MetaMoJiを通して授業資料や課題の配信を行い、ノートを取ることができるので、MetaMoJiを使いアナログの良さを残しつつICT機器のメリットを活かした授業展開を進めています。また、個別学習の効率化だけではなく、一つのデータをグループで共有し、編集したりまとめたりすることが容易であるメリットを活かした協同学習を進めています。4POINT生徒主体の授業向上高校ではノートや資料閲覧に使っているだけではなく、iPadで学習内容をまとめ、発表をする機会を設けています。調べ学習、グループ学習などを授業に取り入れています。また、自分の意見をまとめ、プレゼンテーションソフトを用いて資料をまとめ、プレゼンを行う授業も増えています。5POINT協同学習iPadを使い、グループで調べ学習や資料を協同でまとめていくなど協同学習を授業に取り入れています。MetaMoJiを使い、一つの資料を協同作業で完成させていくなど、グループワーク、アクティブラーニングを進めています。個別学習と協同学習を併用し、生徒の学びを効率よく進めています。6POINTGoogle ClassroomGoogle Workspace for Education Fundamentalsを活用して、これからの社会にふさわしい問題解決能力や将来に活かせるスキルをいつでもどこでも学ぶことができます。Gmailやドライブの保存容量は無制限で、「ドキュメント(文章作成)」、「スプレッドシート(表計算)」、「スライド(プレゼンテーション)」などの機能があるので、場所・時間を問わず、協同学習が可能です。7POINT※使用するアプリケーション等は次年度変更する場合があります。62022 SCHOOL GUIDE[ICTICT教育教育]ICTによる新しい学習スタイル

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る