文理コース

文理コース

中堅以上の私立大学への
現役合格を目指します。

1年次は基礎基本をしっかりと身につけ、2年次より進路に合わせ、文系クラス・理系クラスを選択します。
学年末の学習成績と本人の希望により、選抜コースへの変更も可能です。

〈授業例〉タブレットを用いて文学作品の舞台や時代背景を調べたり、作者について知ることで、内容の理解を深めます。

基礎学力の充実

各教科の基礎的な内容の定着に重点を置いた授業を実施します。

クラス選択

2年次より各自の進路に合わせ、「文系クラス」または「理系クラス」のいずれかを選択します。

必須クラブ制(2年次まで)

クラブ活動を通し、自主性や個性の伸長を図り、心身ともに成長します。

講習・講座

全学年希望者は夏期・冬期・春期講習とスタディサプリを受講することができます。また希望者は土曜日に外部講師による進学講座(有料)を選択できます。

スタディサプリ実施例
コースの変遷

※学年末の成績と本人の希望により、コースの変更が可能です。

STUDENT'S MESSAGE

文理コース在校生
文武両道を目指して

在校生メッセージ
文理コース【2年】(町田市立鶴川第二中学校)

 私はサッカー部に所属しています。部員は約100名おり、チー ムを4つに分け、人工芝グラウンドの素晴らしい環境の中で全国大会出場を目指して日々練習しています。サッカーはとても頭を使うスポーツです。一瞬でどのプレーをするかを決断したり、相手の先の先を読んでプレーしたりするのはとても難しいです。しかし、繰り返し練習したプレーが試合で成功したときは達成感があります。それは勉強も同じです。苦手な教科や問題も繰り返し勉強することで克服できると思います。私は授業で理解できなかった内容があったら、必ずその日のうちに先生に聞いて家で復習するようにしています。向上高校の先生方は、優しく丁寧に教えてくださるので、勉強に対して全力で取り組むことができます。文理コースでは、勉強と部活動を両立させることができます。これからの高校生活も、文武両道を目指し、何事にも全力で取り組み、成長できるよう努力しています。

GRADUATE'S MESSAGE

文理コース卒業生
仲間と切磋琢磨し合った3年間

2018年度卒業 文理コース
専修大学1年(厚木市立小鮎中学校)

 私は向上高校での3年間、本当に充実した時間を過ごすことができました。学習面ではスタディセンターの自習室をうまく活用し、定期考査前には友達と問題を出し合い、楽しみながら勉強するのが私流のやり方でした。その甲斐があって志望大学への進学も、推薦入試で決めることができました。私が所属していたソフトテニス部は、どこにも負けない練習量と、仲間と県上位に入るという目標に向かって切磋琢磨し合う練習の質に誇りを持ちながら活動していました。技術面以外にも、相手への気遣いや礼儀の大切さなど多くのことを学ぶことができました。この3年間を生かし、私はさらに成長してたくさんの方々に恩返しをしていきたいと思っています。そのために大学では会計学を学び、目標とする国家資格取得を目指して毎日必死に勉強しています。充実した高校生活のおかげで、今も前向きな大学生活を送ることができています。

ページのトップへ