特進コース

特進コース

難関国公立・難関私立大学への現役合格を目指します。

難関国公立大学・難関私立大学入試に対応したカリキュラムを編成し、
特進講座合宿・ゼミ・個別指導により、応用力を養います。
※各年度末に学年評点および学力テスト・学力模試の結果で、選抜コースへの変更があります。

〈授業例〉タブレットに配信された数学の問題を、グループ全員で考えることで楽しく解法を学び、理解を深めます。

難関大学受験に対応したカリキュラム

2年次より各自の進路に合わせ、文系または理系のいずれかを選択し、難関大学への合格を目指します。

特待生制度

入学時に認定された成績優秀者には、特待生制度があります。
※特待生の継続については各年度末に審査があります。

校外模試

全国レベルでの実力を確認するために、定期的に校外模試を受験します。

特進講座実施例 ※一部抜粋

難関大学入試突破に向けた講座を開講しています。また、国公立大学志望者を対象とした講座も開講しています。

WEB講座実施例

講座・講座

◆夏期・冬期・春期講習と土曜日の講座、
 スタディサプリ、特進講座合宿は必修です。 ◆放課後の少人数講座

生徒一人ひとりの進路に合わせた個別指導を徹底するとともに、多くの講習・講座を開講しています。


スタディサプリ実施例

STUDENT'S MESSAGE

特進コース在校生
可能性は無限大

在校生メッセージ
特進コース【2年】生物部(座間市立南中学校)

 特進コースでは、私が1年生の時から授業でiPadを利用しています。板書をノートに取る時間やプリントの配布にかかる時間が短縮されるなど、より効率的な授業を受けることができています。また、オンライン英会話やスタディサプリなども授業に取り入れられており、学習環境も充実しています。私たちの学年から大学受験では、英語がより一層重要な科目になっています。特進コースではほとんどの生徒が毎回の実用英語技能検定を受験し、3月には米国短期留学にも多くの生徒が参加するなど本物の英語に触れる機会が多くあり、実力を伸ばすことができます。また私は生物部に所属し、野鳥の生態を中心に研究しています。最初は勉強と部活動の両立が大変でしたが、楽しいことや貴重な経験ができるので、私にとって大切な時間になっています。今では私の将来の進路を考える上でも、大きく影響を与える存在ともなりました。これからも勉強を中心に、部活動も研究成果を出せるように両方を頑張っていきたいです。

GRADUATE'S MESSAGE

特進コース卒業生
将来のために

2018年度卒業 特進コース
東京農工大学1年(愛川町立愛川中学校)

 大学生になった今、ひしひしと感じることがあります。「向上高校特進コース最高 !」ということです。理由の一つに勉強面でのサポートがあります。特進合宿や放課後や土曜日の講座はもちろん、演習問題の添削や、先生が自主的に開いてくださった難関大志望者向けの講座など、学習サポートが充実しています。私が一番苦手だった英語を一番の得意科目にできたのは、このような環境で3年間学習に励めたからだと思います。そのおかげで、人生で一度も塾に通うことなく目標であった国立大学の入試を突破できました。私は通学に往復3時間以上かかっていました。その中で不得意だった英語を克服しようと英語研究部にも入部し、3年生の9月まで活動を続けました。正直、忙しい毎日でしたが、それ以上にチャレンジする勇気を優先しました。その中で、先生方からの声かけやClassiでの返信が支えとなり、最後まで安定した勉強を続けることができました。特進コースは一般受験が多く、互いに支え合える仲間がいた事も大きかったです。今は医療工学について専門的に学び、またアルティメット部の活動に全力で取り組むなど充実した大学生活を送っています。

ページのトップへ